消費者金融 審査

銀行カードローンVS消費者金融※審査に通りやすい金融はコチラ

金融機関の審査について

OK

お金を借りる時に一番不安なのが『審査に通るかどうか』ではないでしょうか?クレジットカードでも銀行の融資でも、この「審査」が大きな壁ですよね。

 

では、「審査」に通りやすくなるためにはどうすればいいのでしょう?いくつかヒントがありますので、当サイトで少しでも審査に通りやすくなるためのコツをお教えしますね。

 

キャッシングにはいくつもの金融会社がありますが、誰でも好きなところから借りれるという訳ではありません。自分に見合ったところに申し込まないと、審査に通ることが難しくなります。

 

では、自分に見合った金融会社はどうやって探せばいいのでしょう?

 

金融会社には「銀行系カードローン」「消費者金融系カードローン」「信販系カードローン」など、ざっくりとタイプを分ける事ができます。それぞれ特徴がありますので、簡単に説明しますね。

 

「銀行系カードローン」・・・その名の通り、銀行がお金を貸してくれるサービスです。銀行なので誰カレ構わずというワケにはいかず、貸す人をジックリと見極めます。なので比較的、審査が厳しいと言われています。その分、金利が低めなのが魅力的です。出来れば一番最初に挑戦したい借り先です。

 

「消費者金融系カードローン」・・・消費者金融と聞くとちょっとブラックなイメージがあるかもしれませんが、最近の消費者金融はバックに大手銀行がついていたり、銀行グループの一環として運営されているところが多いです。なので、サービス面もしっかりしていて対応も丁寧です。しかも銀行よりも審査が厳しくないということもあり、消費者金融からお金を借りる人が急増しています。

 

「信販系カードローン」・・・クレジット会社が発行しているカードローンなので、審査も他に比べると厳し目と言われています。ただし、融資限度額が高額だったり、ステイタスが高いため、ビジネスマンに人気のカードローンです。

 

 

上記を元に、自分はどこに当てはまるんだろうと考えると、正社員で勤続年数も長い人であれば「銀行系カードローン」もOKですよね。逆に、アルバイトやフリーターで、コロコロ仕事が変わる人は審査が厳しくない「消費者金融系」が無難かな?という、大体の目安が分かると思います。

 

 

金融会社のタイプが分かったところで、次に金融会社の目線で『貸したい人はこんな人』という部分を考えてみたいと思います。

 

問題1

ここで問題です。「公務員」と「年収1億円の実業家」。優先してお金を貸したいのはどっちでしょう?

 

金融会社が何を基準に貸す人を選んでいるかと言えば「返済能力があるかどうか」です。今は返済能力があっても来年はどうなるか分からない・・・と考えると、今年も来年もその先も安定してお金を返せる人の方が優先されます。

 

そう、金融会社の人は「安定した人」を好むので、先ほどの答えは「公務員」になるのです。

 

審査に通りやすいポイントとしては、勤続年数が長いこと。安定した収入があること。賃貸ではなく持ち家。携帯電話ではなく固定電話・・・などが上げられます。

 

「当てはまらない」という場合は、銀行系よりも消費者金融系の方が審査に通る確率は高くなりますね。最近では、持ち家・固定電話はなかなか珍しいので、その辺は目安として覚えておくと良いでしょう。勤続年数が1年未満の人であれば、1年経つのを待って申し込むことも1つの手段ですね。

 

知っておくと便利なコト!

 

ここからは「誰でも気をつければ大丈夫」なポイントを紹介します。

 

審査に落とされる理由の1つとして、申込み用紙や書類の不備が圧倒的に多いと言われています。

 

記入しなければいけないところを記入していなかった。
住所や電話番号など書き間違えていた。

 

など、気をつけていれば防げるミスで、審査に落とされる場合があります。勤続年数や賃貸など、自分ではどうすることも出来ないこともあれば、ちょっと気をつけるだけで防げることもあります。

 

申込みフォームは、1つ1つ丁寧に記入していきましょう!

 

審査に通りやすくなるヒントをいくつか紹介してきましたが、管理人のお勧めするのは審査がそんなに厳しくない消費者金融系のカードローンです。CMなどでもお馴染みのカードローンなので、不安を感じることなく申込みができますよね。大抵のところが即日融資も可能なので、直ぐにお金が必要な人にもお勧めですよ。

 
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ